はよ仕事辞めたいドットコム

とにかく早く仕事を辞めたい37歳サラリーマンのブログ。

【家づくり】地場優良工務店という幻想

f:id:fjftr710:20191217231003j:plain

こんにちは! イチロウです。この世には不思議なことは数多ありますが、もっとも不思議なのは大手ハウスメーカーよりも地場優良工務店の方が良いという風潮です。かくいうイチロウも、住友林業で建てるより地場優良工務店を探して建てた方が良かったかな~と迷った時期もありました。今回は、そんなイチロウがどうやってこの未練を断ち切ったのかをテーマにしました。

 

 

(1)そもそもなぜ地場優良工務店という話が出てくるのか?

地場優良工務店の呪縛(やっぱり自分で地場の工務店を探して検討して安く建てる努力をすべきだったかな~という後悔もしくは反省)は、住友林業のみならず、大手ハウスメーカーで建てる方なら、多くの人がかかる呪縛でしょう。

 

そもそもなんでそんな話になってしまうのかというと、大手のハウスメーカーで建てようとすると、高いんですね。注文住宅は高い。だから、ついつい、大手と同じクオリティーで安く建ててくれる地場工務店という幻想を生み出してしまうのです。

 

(2)地場優良工務店という幻想

最近ではブログもユーチューブも発達しまくってますので、ちょっとググれば(あるいはブログ村を訪れれば)すぐにハウスメーカーのいろいろな情報に触れることができます。それらの情報は玉石混交だと思うのですが、個人的に一番「石」の情報なのが、今回テーマにした「地場優良工務店で、大手メーカーのクオリティーで安く建ててくれるとことがある」という情報なのだと思っています。

 

この情報の何が幻想かというと、どんなサイトをみても、どんなユーチューブをみても、具体的な名前を出してくるものは皆無だということです。具体的な名前を出さないというところがミソです。具体的な名前を出さなければいくらでも、彼らの言う「地場優良工務店」は「大手HM」よりも、安くて、性能が良くて、デザインが洗練されている良心的な工務店として、彼らの言説に登場させることができるのですから。

 

(3)優良な工務店なら、地場で終わらない

 

本当に優良な工務店なら、地場で終わらないんじゃないですか?

 

イチロウの素朴な感想です。今大手のHMとなっているところも、創業当初から大手であったわけではありません。例えば「一条工務店」。一条工務店の創業は1978年。CMもほとんどやっていませんが、全国で12,000棟を建築する工務店になりました。

 

もちろん、工務店の中には拡大戦略を取らず、地場だけでやっていくという工務店もあるので、一概には言えません。しかしながら、拡大戦略をとらずとも、その名声はそれなりに轟くものじゃないのかと思うのです。

 

(4)大手HMの技術力はやっぱりすごい

 

イチロウには建築に関する知識はありませんが、大手HMには地場工務店にはない技術があります。住友林業ならBF構法がそれにあたります。いろいろ調べたところ、結局住友林業のBF構法に勝る技術力を持つ木造の工務店というのは見当たりませんでした。

 

良く勘違いされるのにSE構法というのがありますが、調べていくと、耐力壁が必要で、梁勝ちでなく柱勝ちである点が違いました。キャンティレバ―や自由設計のレベルがまったく違っていましした。

 

施主になって自分で建築していると現場を見ることができます。自分で詳しいことは分からなくても、近くに他の人の家が建っている現場をみていると、全然違う(住友林業の現場・建物の構造がいかにすごいという)ことがよくわかります。その技術力の違いをかんじながら、イチロウは一人にやにやしています。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村