はよ仕事辞めたいドットコム

とにかく早く仕事を辞めたい37歳サラリーマンのブログ。

【家づくり】軒と軒天が重要な理由

最近は、コストダウンさせるために、軒のない家が増えています。特に建売住宅では、軒のない家しか見たことがありません。家を建てると、他人の家が気になるわけですが、まず、軒があるかないかは最初にチェックしますね。軒のある家はお金をかけてる家、無い家はお金をあまりかけていない家。お金をかけていない家を見てもあまりおもしろくないので、お金をかけてる家を見てしまいます。

 

 

(1)軒のメリット・デメリット

昔の建築の家は軒があるのが当たり前でした。ところが近年は、コストカット・ローコスト住宅が増えてきたこともあり、軒のない家が増えてきています。軒のメリット・デメリットとは何なのでしょうか?

 

①軒のメリット

軒のメリットは3つです。「夏の日差しが部屋に入るのを防ぐ」「雨が壁に直接打ち付けるのを防ぐ」「雨漏りの防止」です。

 

夏の日差しを遮る

夏の太陽は高い位置にあるので、真上から降り注ぐように光がやってきます。窓の上部に位置する軒を作ることで、夏の日差しが部屋に入るのを防いでくれます。

 

雨が降りこんでくるのを防ぐ

雨は横殴りの雨のこともありますが、基本的には直上から降ってきます。なので、軒があることで壁に直接雨が当たることを防ぎます。窓が開いている場合にも、直接雨が入ってくることを防いでくれます。

 

雨漏りを防止する

軒は雨漏りの防止にも役立ちます。雨は屋根をつたって、地面に落ちてくるわけですが、長い軒の先にに雨どいがあることで、雨どいから水があふれだしても、外壁をつたって雨水が落ちる可能性を下げてくれます。

 

②軒のデメリット

コストがかかる

コストがかかることでしょう。特に建売住宅ではことごとくカットされています。素人目には役割がイマイチ分からないので、よけいにカットしやすいのだと思います。しかし、壁や雨漏りを防ぐための役割を持っているので、築年数が経てば経つほど影響が出てくることになります。

 

(2)木目デザインの軒天がおしゃれ

住友林業と言えば木の質感を活かしたおしゃれな家というイメージがありますよね。というわけで(なにが?)我が家は設計士さんのおススメで木の軒天になりました。特に希望したわけではありませんでしたが。(・・というか、何が良いのかよくわかってなかった・・提案しがいのない顧客だったでしょうね・・)

f:id:fjftr710:20200522224603j:plain

別のブロガーさんがおっしゃってましたが、家は見上げる機会が多いので、こういうところにオシャレアイテムを使っておくと良いと思います。(イチロウは建築してから気が付いた)

 

それから、軒天に使う木は、明るめの色がおススメです。(設計士さんが行ってたことをそのまままるパクリ)下からみるので、色が暗めに見えがちなので。

f:id:fjftr710:20200522224525j:plain

これ、上の軒天の木とまったく同じ木です。天井に貼る板は、イメージしている色より若干薄めの色にするのがおススメです。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村