はよ仕事辞めたいドットコム

とにかく早く仕事を辞めたい37歳サラリーマンのブログ。

【お金の知識】「PERって何?」っていうところから、その落とし穴までを解説

f:id:fjftr710:20191119145124j:plain
PERと言えば、株式の割安度を示す、株を取引するならだれもが知っている指標です。が、割安であれば割安であるほど良いと思っていませんか? 投資指標を教えている本にはPERは低ければ低いほど良いと書いてありますが、本当にそうでしょうか?

 

 

(1)PERとは?

PERとは、「ピーイーアール」と読み、株式の割安度を示す指標の一つです。数式で表すと以下のようになります。株価収益率とも呼ばれます。

 

PER = 株価 ÷ (1株当たり)当期純利益

 

株価が当期純利益の何倍まで買われているかの指標なので、低ければ低いほど割安であるとされています。

 

(2)PERの問題点

 

PERの指標で用いられる「(1株当たり)当期純利益」は、来期の予想収益を元に用いられることが多いです。なので、下記のような問題点があります。

 

①予想収益なので、予想が外れることがある。

PERはだいたいどこの会社の指標でも、予想収益を基に算出されています。株をやるようになると分かりますが、予想収益は外れることも多いです。

 

②短期的な収益を基にした指標なので、長期的な判断に向かない

PERは来期の収益を基に計算した指標なので、成長する企業のPERと、成長しない企業のPERを一概に比較することはできません。

たとえば、一株当たり収益が100円で株価2,000円の会社Aと、一株当たり収益が100円で、株価1,000円のB社があるとします。A社が10年後の収益が5倍(500円)になることが見込まれ、B社が変わらないと考えられる場合、どちらの株価が割安なのでしょうか?

 

1年後の両社のPERを比較すると、A社20倍、B社10倍になります。B社の方が割安な会社と判定されます。

A社のPER = 2,000円 ÷ 100円 = 20倍

B社のPER = 1,000円 ÷ 100円 = 10倍

 

しかし、10年後の両社のPERを比較すると、A社が4倍、B社が10倍となり、A社の方が割安な会社と判定されます。

A社のPER = 2,000円 ÷ 500円 = 4倍

B社のPER = 1,000円 ÷ 100円 = 10倍

 

このようなことから、成長性が高いと見込まれる企業はPERが高い水準まで買われることもあり、成長性が無いと見込まれる企業はPERの水準は低くなることが多いです。

 

よって、単純にPERの高い低いだけで株価の割安を判定することは困難で、ROEなどの成長性の指標、定量的解釈(数字などの指標を基に考えること)だけではなく、定性的評価(数字には表れない部分の評価。人気度など)を含めて総合的に株価を判断していくことが重要です。

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村